医療機器

  

耳のサポート

耳を澄ます

補聴器の選び方を知っていますか?知らないのでしたら、一度専門店の人にご相談をしてみて下さい。しっかり対応をしてくれます。

補聴器に関するご質問はコチラへ!専門のスペシャリストが対応してくれるので安心して何でも聞けますよ!


最近テレビの音が大きいと注意されたり、家族との会話が聞こえづらくてお悩みの人は、補聴器管理士のいる眼鏡店や補聴器専門店に足を運んでみましょう。補聴器の選び方は、最初にどちらの耳がどのぐらい聞こえにくいのか聴力検査をします。その結果からどの周波数が聞こえにくいのか、オージオグラムという表を作成します。聞こえの程度から、軽度、中等度、高度、重度と大きく分類され、自分の聴力に合わせた補聴器を選定します。また、形状も様々あります。ポケットに入るくらいの箱状のポケット型や、欧米で利用者の多い耳掛け型、耳の中に隠れてしまう耳穴型などがあります。最近では防水タイプや、カラフルな色の補聴器もあります。価格も、調整機能によって選び方も多岐に渡るので、担当者に特徴を聞きながら選定しましょう。

補聴器の選び方でお勧めなのは両耳装用です。両方聞こえることで、音の方向がわかりやすくなり、音の立体感が出ます。また最近ではデジタル補聴器が主流となり、当時のアナログのものと比べて音の明瞭感が格段に向上しました。周波数に合わせて細かく調整できるようになり、空気が抜けるようなハウリングの抑制ができたり、強い衝撃音だけを抑制する機能があります。どんな時に使いたいのか、選び方も生活スタイルに合わせて多様化してきています。補聴器は空気電池で動きます。最近の機種は電池寿命が近づくと電子音で教えてくれます。また、電池は乾燥する冬場には消耗が早いので、こまめな交換が必要です。電池の交換は自分で簡単にできるので、購入時に教えてもらいましょう。


オススメリンク

音を聞く

パソコンで業務に取り組む白衣ナース

急に周りの音が聞きづらくなるという人が多いです。そのような人は補聴器を利用してしっかりと音が聞こえるようになることがいいでしょう。また、補聴器の選び方もしっかりと把握しましょう。

詳細を確認する


決める時

耳

補聴器を利用する時に選び方は人によって変わります。ですが、最も選ぶ時に参考にすることは金額と言えます。補聴器の金額がリーズナブルなモノを購入する人が多くいます。

詳細を確認する


補聴器を選ぶ

補聴器

補聴器は様々な種類が存在しています。そのため選び方がわからないという場合もあるでしょう。形が異なる場合はつけ心地も左右されます。そのため専門知識を持つ方への相談とアドバイスで選ぶほうがいいでしょう。

詳細を確認する


人に聞く

超音波器

自分が利用する補聴器を何にするか迷っている人がいる場合は、補聴器を扱っているところの人に聞くことが大事です。この方法も補聴器の選び方の1つになるため実行してみましょう。

詳細を確認する