医療機器

  

補聴器を選ぶ

耳を澄ます

補聴器と一口に言っても、様々なタイプがあります。補聴器の正しい選び方は、自身に合ったものを選ぶということにあります。 さらに、購入後も使用する人の聴力に合わせて調整するということが重要になります。 補聴器の選び方として、最初に行うべきことは補聴器の形状を選ぶということです。形状は、耳穴タイプや耳掛けタイプなど耳に装着するタイプと装着しないポケットタイプがあります。 それぞれにメリットとデメリットがありますので、しっかりと比較することが大切です。 補聴器は以前は購入する際には、販売店を訪れる必要がありましたが、最近は訪問販売も増えてきています。普段の生活環境下で調整することが出来るというメリットがあります。

補聴器の選び方が分からないという場合には、専門の知識を持つ人に相談することをオススメします。 聴力に合わせて購入する必要があるため、耳鼻科などで聴力を計測した上で購入することが出来る場合もありますし、販売店で調整することが出来る場合もあります。 使用する環境により、聴こえ方が異なる場合がありますので、販売店で購入した場合には、後に調整する必要がある場合もあります。 失敗しない選び方としては、お試し期間が設定されている物を選択するようにしましょう。 補聴器は、つけ始めた頃は長時間装着することで疲れを感じる可能性がありますので、最初は1時間程度から始め、慣れたら徐々に使用時間を長くしていくようにしましょう。